インフォメーション

バヌアツ共和国からのお客様をお迎えしました。その1

2010-12-18
12月17日、南太平洋のバヌアツ共和国から、モアナ金融大臣他、3名の方々が

都築学園を見学にこられました。学園にこられるお客様には必ず、初めに

学園の発祥の地である福岡第一高等学校にある「建学碑」をご案内しています。

 生徒代表で大臣一行をお迎えする留学生。

 バヌアツ共和国の隣国から来ている

 オーストラリアからの男子留学生3名

 (ジョシュア、ベン、ポール)とカナダからの

 女子留学生(ショボン)








 笑顔で歓迎の挨拶を受けるモアナ大臣

 ショボンは日本語もとても上手くなりました。

 今年のオープンキャンパスのアトラクションの

 司会はショボンとジョシュア頑張っていました。 
                                                                                                                                                                                               
この後、建学碑へご案内し、建学の精神をご説明いたしました。

高校の次は第一薬科大学、太宰府キャンパスと見学されたそうですが、

大臣一行は、どこに行っても建学のスピリットを感じる素晴らしい学園だと

述べておられたそうです。                                                                                             
                                       建学碑の前で記念撮影